ETF(上場投資信託)を購入してみた!

スポンサーリンク

f:id:OKANETAROU1:20191013113905j:plain


こんにちは

おカネ太郎です。

 

最近、ETFに関する記事や動画などを見る機会がたくさんあって、

興味がわいたので試しにETFを買ってみました!

 

本記事では、具体的にどのようなものを買ったのか、そもそもETFとは何なのかをカンタンに解説していきます。

 

 

 

 

ETF(上場投資信託)とは?

まず初めにETFとは何なのか?

ETFは、「上場投資信託」と言われています。

 

まず投資信託についてお話します。

 

そもそも投資信託とは

たくさんの投資家から集めた大きな金額のお金を、資産運用の専門家が投資・運用し、その結果生まれた利益を投資家に還元するものです。

 

イメージ的には、

・自分で株の売買をするのが面倒な場合

・専門家の人にすべて任せたい場合

・資金が少なくて、いろいろな金融商品に資金を分散させて、リスク管理をするのが難しい場合

 

とかに当てはまる場合に利用することが多いようです。

 

ETF投資信託の違い

いくつか違いはありますが主に

 

・種類の豊富さ

・取り扱っているところ(証券会社、銀行、郵便局)

・手数料(売買手数料、信託報酬)

・上場しているか否か

 

などがあります。

 

購入したものについて

今回購入してみたETFは、SPYDというものです。

 

SPYDとは

SPDR® ポートフォリオ S&P 500® 高配当株式 ETF

です。

 

その中身は、S&P500銘柄のうち高配当利回り上位80銘柄に均等配分したものとなっています。

 

現在の分配利回りは、4.62%です。

高配当が好きな投資家にとっては嬉しい利回りですね(^^)

 

なぜ今まで買わなかったのか

今まで投資信託を購入しなかった理由ですが…

 

すごく単純に言うと、株のほうが面白そうだと思ったからです(笑)

 

 

投資信託は、プロの方が運用してくださるものですし、商品を選ぶのは自分ですがその後はそこまで自分でやることはありません。

 

ですから、とりあえず自分で投資をしてみたかったというのがあります。

 

 

また、株式投資では株価の上昇などによって

資産が倍増したりする可能性がありますが、投資信託ではそこまで大きな変化はありません。(短期的に見た場合)

 

ですから、資金が少ない筆者的にはとりあえず株をメインでやろうとなったわけです。

 

なぜ投資信託でなく、ETFを買ったのか

大きく分けて2つの理由があります。

 

まず第一に

ETFの方が投資信託よりも信託報酬が安いからです。

 

ケチだと思われるかもしれませんが、こういった小さなところを削っていくのが大切だと筆者は考えています。 ちなみにSPYDの経費率は0.07%です。

 

 

そして第二に、ETFは株式と同じような流れで取引ができるからです。

 

注文の方法が株と同じなのです。

したがって普段やっていることと変わらないので、実行するハードルが低かったです。

 

投資信託にしたからと言って、そこまで負担が増えるとも思いませんけどね(^^;)

 

今後もETFを購入していくか

現時点では株の保有がメインですが、少しずつ増やしていくかもしれません。

 

理由としては、リスク分散のため。たくさんの銘柄から構成されていれば、その分いろんなところに分散して投資していることになります。

なんだか投資を始めて、アクティブからディフェンシブなスタイルにどんどん変わってきています。ろくに資金もないんですけどね(笑)

 

種銭も投資で増やせばいいかなと思っていたのですが、普通にどこかで稼いでから投資資金を作ってというのもいいのかなと考える今日この頃です。

 

以上、ETFを購入してみた話でした!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。