いよいよ権利付き最終日! 【株価は下がるか!?】

スポンサーリンク

f:id:OKANETAROU1:20190925222213j:plain


こんにちは

おカネ太郎です。

 

いよいよ明日が株主の「権利付き最終日」となります。

 

「権利付き最終日」とは、株主優待や配当の権利を得るために株を保有している必要のある日です。ようはその日に株を持っていると株主になれるのです。

 

筆者が保有している株はその日が今期で言うと明日、9月26日になります。

 

そんな中、筆者が懸念していることがあるのでカンタンに述べていきます。

 

利確すべきか否か

一つ目が利確すべきかどうかということです。

利確とは「利益確定」のことです。

 

現在保有している株は購入時よりいくらか株価が上昇しているので、現時点で売れば現金に戻して利益を確定させることとなります。

 

なぜ利益確定しようか考えているかというと、権利付き最終日の後に株価が下落する可能性があるかもしれないからです。株主優待や配当の権利を得たから売ってしまおうという投資家たちの心理が働いて、株価が下落する可能性があるのです。

あるいは株主優待や配当狙いの投資家が株を買いたがって株価が上昇することを見込んでいた投資家が権利付き日直前で株を売る可能性もあります。 

 

だからもう一旦売ってしまって、その後下落したらその時にまた買おうかなと。

押し目買いできるか?

筆者が保有している株は、わりと安いときに買ったのでそれなりに含み益状態なのですが、まだまだ買いたいので追加購入しようと考えています。

 

株価が上昇すると安いときに買った人が株価が上がった分の利益を確定させようとして、株を売ったりします。その売り圧力などもあり、株価の上昇トレンドの最中に一時的に株価が下落したりします。そこの下落を狙って追加購入を検討していました。

しかし、「押し目待ちに押し目なし」という格言があるように、その追加購入のタイミングはなかなかきませんでした。株価が上昇したのは嬉しいのですが、追加購入のタイミングを逃してしまったのです。

 

そんなこんなで現在は、現金がある程度有り、追加購入できる余力があるので、権利付き最終日の後に株価が下落したら、そのタイミングかなと考えております。

まぁそんなに大きく落ちるとも思わないんですがね。

 

 

2つほど懸念事項を上げてみましたが、なんだかんだ特に行動には出ないかもしれません(^^;)

 

以上、権利付き最終日を前にして筆者が懸念しているお話でした。

 

後日、権利が確定したら株の配当金の報告をします。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました

m(_ _)m