キャッシュフロー計算書とは? 株初心者必見!決算書の読み方

 

f:id:OKANETAROU1:20190907203547p:plain

株式投資をするうえで長期の株式保有を考える場合

 

必要不可欠となってくるのが、

決算書を読むことです。

 

 決算書は

 

貸借対照表

損益計算書

キャッシュフロー計算書

 

の3つに分けられています。

 

本記事では、3つ目のキャッシュフロー計算書について超基本的なことを解説していきます。

 

 

キャッシュフロー計算書とは何なのか

キャッシュフロー計算書は英語で

Cash flow statement と言い

略して C/F あるいは C/S と呼ばれます。

 

カンタンに言うとキャッシュフロー計算書とは

 

会社のお金の動きを表し、会社のお金が増えたのか減ったのかを表すものです。

 

キャッシュフロー計算書の構成について

キャッシュフロー計算書の大枠は

・期首のキャッシュ残高

・期中のキャッシュ増減額

・期末のキャッシュ残高

 から構成されており、

 

わかりやすくかくと 

f:id:OKANETAROU1:20190907204312p:plain

となっています。

 

もう少し、分けてみると

・期首のキャッシュ残高

・期中のキャッシュ増減額

 ~営業活動によるキャッシュフロー

 ~投資活動によるキャッシュフロー

 ~財務活動によるキャッシュフロー

・期末のキャッシュ残高

 

とキャッシュ増減額をさらに3つに分類することができます。

 

 

3つのキャッシュフローについてカンタンに解説すると

 

~営業活動によるキャッシュフロー

…企業の本業、通常の営業活動によって稼いだ金額

 

~投資活動によるキャッシュフロー

…設備投資による支出あるいはその売却による収入、株式投資による収入や支出などの金額

 

~財務活動によるキャッシュフロー

…資金の借り入れあるいはその返済、社債や新株の発行あるいはその逆、配当金の支払いなどの金額

 

となっています。

 

キャッシュフロー計算書による企業分析から得られる情報とは?

 

このキャッシュフロー計算書をどう使うのか、そこからどのような情報を得られるのかについて

カンタンに述べていきます。

 

本業でどれだけ稼いでいるか

営業活動によるキャッシュフローは、本業でどれだけ稼いでいるかを示します。

 

したがって、営業活動によるキャッシュフローを見ることで

 

きちんと本業による収益が順調であるかを確認することができます。

 

企業の経営方針を知る

例えば、投資活動によるキャッシュフローを見ることで設備投資を積極的に行っているかどうかがわかります。

 

財務活動によるキャッシュフローをみれば、資金の借り入れに前向きかどうかなどを判断することができます。

 

投資・資金の借り入れは過大でないか?

投資活動による設備投資、財務活動による資金の借り入れに対して

 

営業活動によるキャッシュフローの大きいかを見ることで

 

投資・資金の借り入れが過大でないかを判断するヒントとすることができます。

 

 まとめ

 

キャッシュフロー計算書とは、会社のお金の動きを表し、会社のお金が増えたのか減ったのかを表すもの

✔キャッシュの増減は

「営業活動によるキャッシュフロー

「投資活動によるキャッシュフロー

「財務活動によるキャッシュフロー

で見ることができる

✔本業の稼ぎ、企業の経営方針、投資・資金の借り入れが過大でないか等を知ることができる。

 

以上、キャッシュフロー計算書の超基本的な解説でした。

 

お付き合いいただきありがとうございました。