損益計算書とは? 株初心者必見!決算書の読み方

f:id:OKANETAROU1:20190903214040p:plain

株式投資をするうえで長期の株式保有を考える場合

 

必要不可欠となってくるのが、

決算書を読むことです。

 

 決算書は

 

貸借対照表

損益計算書

キャッシュフロー計算書

 

の3つに分けられています。

 

本記事では、2つ目の損益計算書について超基本的なことを解説していきます。

 

 

損益計算書とは何なのか

損益計算書は英語でProfit & Loss Statementと言い

略してP/Lとも呼ばれます。

 

カンタンに言うと損益計算書とは

 

企業の一定期間における収益と費用をまとめたものです。

 

損益計算書の構成について

損益計算書は下の図のように5つの利益に分けられます。

f:id:OKANETAROU1:20190903214109p:plain 

 簡単に説明すると、上から

売上高から売上原価を引いた

売上総利益(粗利)」

 

↓ 

販売費、一般管理費を引くと

 

商品を仕入れて、販売するという本業で稼いだ

「営業利益」

 

↓  

預金の利息や株の配当金などの営業外収益

借金の利息などの営業外費用を引くと 

 

営業活動と関係ないものを除いた

「経常利益」

 

↓  

臨時の収入や費用(土地や工場の売却、

災害による損失など)を引くと

 

いつもは生じない特別利益と特別損失を除いた

 

↓  

会社が稼いだ金額に対してかかる税金の部分を除くと

 

一定期間の収益と費用を集めて出した差額である

となります!

 

損益計算書による企業分析から得られる情報とは?

 

この損益計算書をどう使うのか、そこからどのような情報を得られるのかについて

カンタンに述べていきます。

 

前の期の損益計算書と比較する

 

前の期のものや前年の同じ月の損益計算書と比較することで、会社経営によって生み出された利益の増減などがわかります。

 

一言で言うなら、その会社の成長はどうか、今後伸びていくかを見る一つの指標とすることができます。

 

同業他社で比較する

売り上げの大きさに対して、最終的にどれだけの純利益が生み出されているかの割合などは

業種によって大きく異なります。

したがって、同業他社と比較することでその会社の利益率が良いのか悪いのかを比較することができます。

 

自己資本利益率ROE)を見る

 当期純利益自己資本で割ることで、表される自己資本利益率ROE)。

損益計算書によって出された当期純利益からこの値を求めることができます。

 

この値は、自己資本に対してどれだけ会社が利益をあげられたかを示すもので

株式投資における重要指標の一つと考えられています。

 

ROEの解説に関しては以下の記事に載せています↓

www.okanetarou.com

 まとめ

 

損益計算書とは、企業の収益と費用をまとめたもの

・「その会社の前期の」あるいは「同業他社の」損益計算書と比較することで、会社の業績の良し悪しを見極めるヒントとなる。

・導き出された当期純利益からROEを出し、資本に対する利益の大きさを見ることで、資本に対する経営効率を知る。

 

以上、損益計算書の超基本的な解説でした。

 

お付き合いいただきありがとうございました。