株注文の基本を解説~成行・指値・逆指値~【初心者必見】

f:id:OKANETAROU1:20190822000810p:plain

株の取り引きをするうえで欠かせないのが、注文方法の理解です。

今では当たり前のこととなっていますが、筆者も最初は注文方法がよくわからずに間違えて注文したこともありました…

 

本記事では、そういった筆者のような誤りが無いように初心者向けに注文方法に関して解説していきます。

※かなり初心者に向けて書いているので、知っている方にとっては退屈な内容になるかと思います。

 

 

株の売買には、大きく分けて3つの注文方法があります。

それはズバリ

成行注文

指値注文

指値注文

です。

 

成行注文とは、値段の指定をせずにいま市場で付いている価格で買う(売る)方法です。

 

指値注文とは、値段の指定をして株価がその価格に下がったら(上がったら)買う(売る)方法です。

 

指値注文は、指値注文と逆の考え方の注文方法です。

 

以下、それぞれ簡単に解説していきます。

 

 

 

注文方法について

はじめにそれぞれの注文方法について解説します。

成行注文とは

成行注文とは、値段の指定をせずに市場で付いている値段で株の購入をする方法です。

値段の指定をしなくてよいので、初心者の方でとりあえず株を買ってみたいという方は、まずこの注文方法で購入してみるのが良いでしょう。

 

指値注文とは

指値注文とは、株を買うあるいは売る値段をこちらで指定して行う注文です。

 

例えば、現在株価が900円だとして、株を購入する値段を800円に指定して指値注文を出します。

この場合、株価が下がって800円以下の値段が付いたら自動で購入が行われます。

 

株を売る場合は指定した値段よりも高くなった場合に、株の売りが行われます。

 

初心者の方でほとんど資金力が無い場合、この指値注文でできるだけ株を安く買うというのもありだと思います。ただし、上記の例の場合は株価が900円からどんどん上昇してしまった場合は、株の注文が通りませんのでご注意ください。

 

 

指値注文とは

指値注文とは、指値注文と同様にこちらがわで株を買う(売る)値段を指定するのですが、指値注文と逆の考え方となります。

 

例えば、株を買う場合。指値注文では指定した値段に下がったら購入が行われます。

しかし、逆指値注文では指定した値段にあがったら購入が行われます。

 

売る場合も同様に指値注文と逆で、逆指値注文では指定した値段よりも安くなった場合に株が売られます。

 

それぞれの注文方法のメリット

それぞれの注文方法のメリットについて、初心者向けに解説していきます。

成行注文

成行注文のメリットは、とりあえずすぐ購入できるということです。

指値注文や逆指値注文だと、自分が指定した値段の条件に引っかからないと注文が執行されないので、株の購入タイミングや売却のタイミングを逃してしまう可能性があります。

 

指値注文

買うときは、より安く。売るときは、より高く売れます。

株取引の基本を体現した注文方法と言えるかもしれません。

また、「いくらになったら買うあるいは売る。」と注文を出した時点で決めているので

、感情で取引して不利な蓋然性の高い価格での購入や売却を避けることができます。

 

指値注文

これは少しテクニカルな話になってきますが、

「この価格まで上がったらもっと上がる可能性が高い」

などの水準にいたったら自動で購入できるので、自分の中で値動きのストーリーがある程度できている場合は有効活用できるかと思います。

 

また、株が安くなりすぎて損をする前にあるいは損が拡大しすぎる前に売却するために、いくら以下になったら株を売ってしまうといった方法にも使えます。

いわゆる損切りです。

 

 

 

それぞれの注文方法のデメリット

次にそれぞれの注文方法のデメリットに関して、初心者向けに簡単に解説していきます。

成行注文

今すぐ、買うあるいは売ることができるのですが、

こちらで値段の指定をしていないため、予想外に高いあるいは安い値段で注文が通ってしまう可能性があります。

値幅がいっきにとんでしまう可能性などがある場合は危険かもしれません。

 

指値注文

自分が指定した条件にならないと注文が通らないので、チャンスを逃してしまう可能性があります。

 

 

指値注文

損失の限定化などのために、使われる逆指値注文ですが、不必要に不利な条件での売買をしてしまう可能性があります。

 

まぁこれに関しては、注文方法のデメリットというより損切りなどの必要性とかの話になってきてしまいますので、注文方法のデメリットとは異なるため割愛させていただきます。

 

最後に繰り返し

最後に繰り返しになりますが

株の売買には、大きく分けて3つの注文方法

・成行注文

指値注文

・逆指値注文

があります。

 

まとめ

✔ 成行注文とは、値段の指定なしですぐ買う(売る)方法

✔ 指値注文とは、値段の指定をして買う(売る)方法

✔ 指値注文は、指値注文と逆の考え方の注文方法

 

 

筆者のように注文方法を誤る方が一人でも減ることを祈っています。

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました。