本来の保険に入るべき理由について~超当たり前な話~

f:id:OKANETAROU1:20190817151640p:plain

日本人は保険好きと言われています。

 

ですが、筆者は「私は保険が大好きです!」という人に会ったことがありません。

中にはそういう方もいらっしゃるのかもしれませんが、実際には保険が好きというよりは、

・なんとなく不安

・みんな入っているから

といった理由で保険に加入していらっしゃる方が多いためそう言われているのだと思います。

 

 

 

しかし、こういった理由で保険に加入している場合、

払う必要の無い保険料を無駄に払っている可能性

があります。

 

本記事では

「保険に入るべき理由」

について

「そもそも保険とは何なのか」

というところから超当たり前のお話していきます。

 

 

 

そもそも保険とは

保険とは、将来起こりうるリスク(病気、事故、災害など)に対して備えるためのものです。

例えば、病気に備えるものであれば、多額の入院費用を払わなければならなくなる状況を想定した【医療保険】があります。

事故であれば【自動車保険】、災害であれば【火災保険】などがあります。

 

 

保険の仕組みについて

かんたんに説明すると、たくさんの人が保険制度に加入しお金(保険料)を出し合って、加入している人の中で病気や事故にあった人がいたら、みんなで出し合ったお金から一定の金額を出すというものです。

 

保険の基本は、助け合いのための制度だと言えます。

「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」というやつですね。

f:id:OKANETAROU1:20190814203931p:plain

 

 

保険には何のために入る?

先ほども述べましたが、保険は将来のリスクに備えてはいるものです。

したがって普通に考えたら、

将来起こりうるリスクを想定して、それに合った保険に入るべき

なのです。

 

実際に多くの人が入っている理由

しかし実際に多くの人が保険に加入している理由は、

 

なんとなく不安だから

みんな入っているから

 

といったところだと思います。

おそらく上記の理由だけで保険に加入している方は、必要以上に保険料を支払っています。

 

必要な保険に必要なだけ入るためには

当たり前のことですが、きちんと将来のリスクを考え、それに対して保険に加入するということが、本来の「保険に入るべき理由」です。

そのためにはいわゆるリスクマネジメントをしっかりすべきということになります。

 

例えば自分の病気に関するリスクを考えるとすると

・自分がどのくらいの年齢でどういった病気にかかる可能性が高いか

・またその医療費はいくらかかるか(必要保償額)

・先進医療を受けたいか

・貯蓄でどこまで対応できるか

・その病気によって収入はどうなるか

などを想定する必要があります。

 

 

そしてこれらのリスクマネジメントは、個々のライフスタイルの数だけ異なるので、みんなが各々のリスクマネジメントを行っていく必要があります。

 

入るべき保険についてきちんと検討することのメリット

保険料の払い過ぎを防ぐことができる

何度も述べていますが、加入する保険についてきちんと検討することは、保険料の払い過ぎを防ぐことにつながります。

そこで余計に払わずに余った資金は、投資に回してより大きなお金を手に入れることもできますし、貯蓄に回してあらゆる状況に備えることもできます。

 

リスクが顕在化した時、冷静に対処できる

どのようなリスクにどこまで備えるかを検討することで、実際にそのリスクとなる出来事が起こった時に冷静に対処できます。

例えば、火災が起きた場合は「火災保険に入っているから、ここまでは保障される」と考えることで安心できますし、仮に大幅な損害を受けて保障だけではどうにもならなくなった場合も、それは「自分が保険の加入を検討した時に許容することを決めたリスクだから、仕方が無い」と受け入れることができます。

 

 最後におまけ

以上、なんのために保険に入るべきなのかという超当たり前な話でした。

 

先に述べたリスクに備えるということが保険に入るべき本来の理由ではありますが、賢い保険の使い方として相続対策や所得税控除などもあります。

 

場合によっては、十分に資産運用となりうる保険などもあるようなので、そういったお宝保険があれば入るべきです。また、お宝保険に入っていると保険会社の人がお得に見えて実際そうではない保険に変えるよう営業に来ることもあるという話を聞くので要注意です。

 

 

筆者は保険商品に関してはまだほぼ無知なので、これからいろいろ勉強して入るべき保険を見極めていきたいと思います。

 

お付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m