自動車の費用 自動車の固定費を具体的に解説!!

スポンサーリンク

f:id:OKANETAROU1:20190811015357p:plain


 

みなさんは自動車に掛かる費用についてきちんと考えたことがあるでしょうか?

 

筆者は費用が必要になったら、あまり金額については考えず、とりあえずその都度出すというかたちで済ませてきました。

 

しかし、よくよく考えてみると車関連の出費は意外と多いのです。

 

 

出費を減らすには、まず固定費を見直すというのはよく言われていることです。

 

 

そのため今回は、車に掛かる固定の費用に関して簡単にまとめてみました。

 

 

車にどんな費用が掛かっているのか気になる方の参考になればと思います。

 

  

 

 

車に掛かる費用の全体像

ガソリン代は遠出するかどうかによってまちまちですし、洗車も人によってはしない方もいると思うので、とりあえずそれらの費用やその他雑費は考えないことにします。

 

車に掛かる費用ですが、下の図に簡単に全体像をまとめました。

 

f:id:OKANETAROU1:20190811001413p:plain

上記3つの

・車検代

自動車税

自動車保険(任意)

に分けてみました。

 

 

以下、それぞれに関してさらに詳しく見ていきます。

 

車検にかかる費用

車には必ず自動車車検証がついています。

車検を受けていないと法的に罰則を受けることとなります。

 

したがって、車検の費用は車持ちにとっては避けられない費用です。

 

車検の費用は、【法定費用】と【車検基本費用、部品交換費用】

の大きく二つに分けられます。

f:id:OKANETAROU1:20190810160305p:plain

 

法定費用

法定費用は車を持つ方は皆払わなければならない費用です。

車検の時に支払うお金で、車検を頼む相手によって金額が変わることはありません。

 

上記の図に示したように法定費用は、さらに3つの費用に分けられます。

 

・保険料(自賠責保険

 自賠責保険は、法律で加入が義務付けられています。

交通事故などが起きた場合に人への補償がされます。

 

補償内容に関してはここでは割愛させていただきます。

 

・重量税(自動車重量税  

車の重さによって、金額が変わる税金です。

この税金は車検の度に払います。

 

車の重量および車の使用年数、車検の頻度によってかかる金額に差がでます。

 

・検査手数料(印紙代)

 そのまんま、車検の手数料と考えてよいです。

 

車検基本費用と部品交換費用

車検基本費用には、点検費用と検査代行手数料がかかります。

この費用は頼む場所によってまちまちです。

 

法定費用と違って、車検を頼む相手を考えるべきポイントとなる費用です。 

 

さらに検査の結果、交換するべき自動車部品があった場合には、部品を交換するために費用ががかかります。

 

自動車税

重量税とは別に自動車税というものがあります。

 

これは、車両の排気量によって課される金額が変わります。 

 

重量税は車検の度に掛かる費用でしたが、この自動車税は毎年払わなければなりません。

車の任意保険

車の保険には加入が義務付けられている【自賠責保険】と加入が任意である【任意保険】があります。

 

さきに記したように、自賠責保険は 車検の度に決められた金額を払わなければなりません。

しかし、任意保険は自分で条件や掛け金などを選ぶことができますので、契約内容によって金額は異なります。

 

 

自賠責保険は、人間に対しての補償はあるのですが、他はすべて自己負担となってしまうので、基本的に車持ちの人は任意保険にも加入することをオススメいたします。

 

 

 

 

 

 

以上、簡単に自動車に掛かる費用に関してまとめてみました。

今後、機会があれば筆者が車に掛けている費用についてもまとめたいと思います。 

 

 

 

自動車の費用ですが、

意外とかかるお金がいろいろあると感じられたのではないでしょうか? 

 

場合によっては、さらに車のローンなどがかかってきて、より大変ですね。

 

 

筆者は車がないと非常に不便な地方に住んでいるので車を持っていますが、車自体にそこまで執着は無いので、必要がなくなれば手放すことも考えております。

 

 

以上、自動車に掛かる費用についてでした。

 

皆様の参考になれば幸いです。