高額療養費とは? 保険に入り過ぎる前に知っておきたいこと

スポンサーリンク

f:id:OKANETAROU1:20190807002734p:plain

みなさん、なんとなく漠然とした不安をぬぐうために必要以上に保険に入っていたりしませんか?

 

そうならないためには、

 

自分がどういったリスクに備えたいのか

 

公的な制度はどこまで支えてくれるのか

 

を知ることが重要だと筆者は考えます。

 

医療費が高額になった時にお金が支給される公的制度の一つに

高額療養費制度

というものがあります。

 

この制度を利用すると

100万円近くの医療費が

5万円ほどで済んだりします。

 

本記事では、この高額療養費制度について簡単に解説していきます。

 

 

 

いつもどのくらい医療費を負担している?

f:id:OKANETAROU1:20190809034421p:plain

年齢や所得にもよりますが、一般的に自己負担の医療費は3割です。

 

残りはみんなが払っている国民健康保険料から払われています。

国民健康保険は、基本的に全員が加入することが義務付けられています。(国民皆保険

 

したがって、日本国民は基本的に全員が自己負担額3割で医療を受けていると言ってよいでしょう。

 

 

さらに高額療養費を活用すると…

f:id:OKANETAROU1:20190809034438p:plain

高額療養費制度を活用すると、国民健康保険によって自己負担額が3割になった後、さらに自己負担額が少なくなる可能性があります。

 

高額医療費制度とは、月ごとに決まっている自己負担限度額を上回ったとき、その分あとから払い戻してくれる制度です。

 

※自己負担限度額は本人の所得や年齢によって異なります。

 

高額療養費・計算例

ここでひとつ高額療養費制度の例を挙げてみます。

 

仮に医療費が1,000,000円だった場合、 

まず、国民健康保険によって自己負担額は3割になるので

300,000円となります。

 

さらに70歳未満で給与の月額が260,000円以下の場合、

自己負担限度額は57,600円となります。

したがって、高額療養費は242,400円の支給となりました。

 

結果的には、 

 

100万円の医療費が

57,600円で済みました。

 

  

 ちなみに全国健康保険協会さんのサイトで簡単に上記のような計算ができます。

高額療養費簡易試算(平成27年1月診療分から:70歳未満用) | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

 

 

高額療養費を使う際のポイント

自分で申請しないともらえない

高額療養費制度を使うには、自ら申請の手続きを行わないといけません。

この制度を知らない方や申請をしない方は高額療養費制度の恩恵を受けることができません。

 

 

医療を受けた期間に注意

この高額療養費は一カ月単位の医療費で考えるのですが、医療を受けてからの一カ月の間ではなく、暦上の一カ月の医療費に関して適用されるので、場合によっては月をまたぐと高額療養費を受け取れない可能性があるので注意です。

 

家族の分を合わせられる

世帯の自己負担額を合算して計算することができるので、

合算した値が自己負担額を超えた場合でも、超えた分が払い戻されます

 

先進医療は適用外になる

先進医療には、高額療養制度は適用されません。

そもそも先進医療はすべて自己負担です。

先進医療を受けたい方は、保険などに入ることを検討しておいたほうが無難でしょう。

 

高額療養費制度のPOINT

✔ 自分で申請しないといけない

✔ 医療を受けた期間に注意して

✔ 家族の自己負担額を合算してよい

✔ 先進医療は適用外となる

 

以上、高額療養費についての解説でした。

 

将来のリスクに備えるためにさまざまな保険を検討することは大切かもしれませんが、その前にまずどのような公的制度があるのかを知っておきましょう!

 

使えるものは使ったほうがいいですからね。