電子決済で超お得!? 政府主導の【キャッシュレス・消費者還元事業】

 

本記事では、最近テレビや新聞などで報道されている

キャッシュレス・消費者還元事業」の解説をしていきます。

\_(*・ω・)

 

 

 

 

f:id:OKANETAROU1:20190802010340p:plain

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは…

クレジットカード、デビットカード電子マネーQRコードなどの方法で決済をするとポイントがたくさん還元される制度です!

 

POINT

 

・消費税率引き上げ対策である

 

・ポイント還元率は2~5%!!

 

・事業の原資は国が負担

 

・CASHLESSのマークがあるお店が対象!

 

・10月から開始!!

 

 

それぞれの項目について簡単に解説していきます。

 

 

 目次

 

 

何のために?→消費税上がるから

 この制度は、2019年10月1日の消費税増税で消費が冷え込まないようにするためのものです。

 

 

キャッシュレス化によるお店側の生産性向上や客の利便性向上のためでもありますが、メインの理由は消費税増税のためであると言われています。

 

 

  目次に戻る

 

いくら還元されるのか

 

対象となるお店でキャッシュレス決済を行うと

2~5%分が戻る仕組みだそうです。

 

 

カードや利用するお店によってまちまちですが、基本的には還元率1%くらいなので、十分ありがたい還元率ですね♪

 

 

  目次に戻る

 

誰がポイント還元してくれる?

 この制度の消費者還元は、原則として決済事業者(クレジットカード会社やPayPayなど)がポイントをくれることになっているらしいです。

 

 

ただし、その原資は国が負担するとのこと。

 ※まだ詳細内容は公開されていないようです。

 

  目次に戻る

どのお店を使えばいいの?

ポイント還元制度が適用されているお店にはCASHLESSのマークが設置されるようになるらしいので、チェックしてみてください!!  

 

ちなみに【キャッシュレス・消費者還元事業】が対象となるのは、中小・小規模事業者です。

 

 どこでもポイントがたくさん還元されるわけでは無いようです!

  

詳しい定義は、 経済産業省が出している資料をご参照ください。

 

 

  目次に戻る

 

いつから始まるの?

 消費税の増税に合わせて、10月から制度開始です!

 このポイント還元事業が行われるのは9か月間だけのようなので、要注意!!

 

  目次に戻る

 

 

以上、キャッシュレス・消費者還元事業の簡単な説明でした。

 

 

 

 

ちなみに筆者は、クレジットカードでの決済が通常運転なので、これを機にキャッシュレス決済ができるお店が増えたらいいなとひそかに望んでおります。

八(^□^*)