事故物件に1年間住んでみた感想…

f:id:OKANETAROU1:20190809023522p:plain



筆者は昨年の春から事故物件に住んでいます。

 

人によっては事故物件というだけで、その物件を敬遠する方もいるようです

(´ε`;)

 

とりあえず一年間住んでみた感想をまとめたいと思います。

 

*本記事においてお金のことはほとんど関係ありません。

 

 

 

 目次

 

 

 

はじめに事故物件とは?

事故物件とは…アパートとかで前に住んでいた人が死亡してしまった物件です。

明確な定義は無いようですが、↑の認識でだいたいオッケーです。

 

 

ちなみに筆者の事故物件は昨年の夏に居住者が首吊り自殺をしたというものでした

ヾ(li゜ω`)ノ

 

 その数か月後に新しい入居者がきて、すぐに出ていったという事実もありました。

 

 

  目次に戻る

筆者が事故物件に住んだ理由

筆者は会社からの住宅補助金を受けるために、会社から指定された物件の中からアパートを決める必要がありました。

 

 

全部で5つほどの物件を提案されましたが、その中で「安い」「広い」「新しい」などあらゆる面で優れていたので、事故物件に住むことに決めました。

 

ちなみに筆者は霊感とか皆無です。

 

 

  目次に戻る

実際に一年間住んでみて…

実際に住んでみて実は…何も起こりませんでした(笑)

 

本当にごく普通の部屋でした。なんなら築100年以上の実家のほうが雰囲気があってよっぽど怖いです。

 

 

むしろ事故物件に住んでよかったなと思うことはありました。

 

まず、話のネタになる。事故物件に住みたくない人は多いらしく、住んでいるアパートの話は鉄板のネタとなりました。

 

また、興味本位で遊びに来る人もいました。

こわがって本当に来たくないとかいう人はいませんでしたね。

 

 

  目次に戻る

事故物件に一年間住んでみた筆者が伝えたいこと

なんとなく怖いからとか縁起悪そうだからという理由で、事故物件に住むことをあきらめるのは、少しもったいないと思います。

 

事故物件というのは、安くなっているなどのメリットがありますから。

 

もちろん、そういうのが本当に苦手で無理ですという方にはすすめませんが(^^;

 

 

筆者が事故物件に住んでいる話をすると周りの人からいろいろ言われることが多々ありましたが、結局何も起こらなかったし、ただの安くていい物件でした。

 

 

ただなんとなく周りの意見に流されてこの物件に住んでいなかったら、今後もとりあえず思考停止で事故物件には住まなかったかもしれません。

 

 

さらに言えば、他の事でも周りの人がとりあえず言っているからという理由だけで 、何かをやめたりあきらめたりする人間になっていたのではないかと思います。

 

 

事故物件に住んだことで、ただ周りの意見に流されるのではなく、事実の真偽や本当に大切なことは何なのかを自分の頭できちんと考えることの重要性に気づくことができました。

 

 

 

以上、とりあえず一年間ほど事故物件に住んでみた感想でした。

 

 

  目次に戻る

 

 

 

ちなみに筆者はお化け屋敷とかホラー映画とかは超苦手です。

じゃあなんで?ってよく言われますが…

 

 

お化け屋敷やホラー映画はぜったいお化けが出てくるじゃないですか!おどかしてくるじゃないですか!!!

でも事故物件は出ませんから\(^^)/

 

 

 

*事故物件は自己責任で_(._.)_