株式投資における3つの重要指標!

 本記事では、株式取引において特に重要であると言われているPER・PBR・ROEについて解説します。

\_(*・ω・)

 

株の初心者向け内容となっております。

f:id:OKANETAROU1:20190723204355p:plain

 

 

株式投資の3つの重要指標!

 

・PER…株価収益率(一株当たりの利益)*低いほどよい

 

・PBR…株価純資産倍率(一株当たりの純資産)*低いほどよい

 

ROE自己資本利益率(資本に対する経営効率)*高いほどよい

 

 

 ひとつひとつ解説していきます♪

 

 

 目次

 

 

 

①PER(株価収益率)とは

PERは、Price Earnings Ratioの略で、株価収益率のことです。

 

PERの求め方
PER=株価÷1株の利益

 PERは、株価の割安性の判断基準になります。

 

単純に考えれば、株価が100円で一株当たりの利益が10円だった場合、PERは10となり、投資した金額が10年で回収できると言えます。

 

 

 

つまりPERの値が小さいほどその株は割安となります。 

 

 

株は会社によって発行した株式数や業績が異なります。したがって単純に株価だけでは割安かどうか判断できないので、こういった指標が用いられます

\_(●゚▽゚)

 

 

主に、同じような業種の会社と相対的に株価が割安かどうか判断するための比較に用いられます!

 

 

  目次に戻る

 

②PBR(株価純資産倍率)とは

PBRは、Price Book-value Ratioの略で、株価純資産倍率のことです。

 

PBRの求め方
PBR=株価÷1株あたりの純資産

PBRも株価の割安性の判断基準になります。

 

 

単純に考えれば、株価が100円で一株当たりの純資産が50円だった場合、PBRは2となり、会社が解散したら株主の取り分は投資金額の半分となります。

 

 

PBRの値が小さいほど、会社が倒産した時の株主の取り分が大きくなります。 

 

 

つまりPBRの値が小さいほどその株は割安となります。  

 

 

この値は会社が倒産するリスクがあるときに重要視されます。つまり景気などが低迷しているときに多くの投資家が気にする指標と言えます

\_(●゚▽゚)

 

 

この指標も同じような業種の会社と相対的に株価が割安かどうか判断するための比較に用いられます!

 

 

  目次に戻る

 

 

ROE(株主資本利益率)とは

 

ROEは、Return On Equityの略で、自己資本利益率のことです。

 

ROEの求め方
ROE=純利益÷株主資本×100(%)

 

 

ROEは株主資本の金額に対してどれだけ利益が出ているか、すなわち会社が資金をうまく使って上手に経営をしているかを表しています。

 

 

この値が大きいほど会社が 株主資本をうまく使って利益を出していると言えます。

 

 

経営効率がよくて、今後も業績が良くなりそうならみんなが投資したくなって、株価が上がる要因になるわけです

\_(●゚▽゚)

 

 

この指標も同じような業種の会社と相対的な比較に用いられます!

 

 

  目次に戻る

 

 最後にまとめ!!

最後にもう一度まとめ 

 

・PER…株価収益率(一株当たりの利益)*低いほどよい

 

・PBR…株価純資産倍率(一株当たりの純資産)*低いほどよい

 

ROE自己資本利益率(資本に対する経営効率)*高いほどよい

 

※ただし、会社に倒産の危機が迫っているなどの可能性もあるのでこれらの指標に頼り過ぎないように注意!!

 

当たり前のことですが、これらの指標だけで儲かったら苦労しないわけですから 

(^^;

 

 

以上、株式投資における重要指標3つをまとめました。

 

 

*投資は自己責任で_(._.)_