無いのに売って大儲け!?【空売りとは】

本記事では、株式の取引方法の一つである空売りについて簡単に解説していきます

\_(*・ω・)

f:id:OKANETAROU1:20190718211356p:plain

 

 

 

 

 目次

 

 

 

株価の下落で大儲け!?

普通、株で儲けるというと株価の安いところで株を買って、株価が上がって高くなったら売ることで、その値幅の分だけ儲けるというイメージだと思います。

 

しかし、空売りを使うと株価の下落によって利益を得ることができます。

株を株価が高いところで売って、安くなったら買い戻すのです。

 

 目次に戻る

どういう仕組みなの?

イメージしづらいかと思うので、具体例を挙げます。

 

まず、売りたい株を借りてきます。仮にA株としましょう。

A株の株価が10万円だったとします。

 

1株だけ借りてきたA株を株価が10万円のところで売ります。

すると手元には10万円の現金が残ります。

次にA株の株価が下落して9万円になりました。

A株の株価が9万円のところで、A株を1株買いました。

すると手元には、A株が1株と1万円(10万円-9万円=1万円)が残ります。

A株は借りてきたものなので、持ち主に返しました。

すると手元には1万円残りました。

 

したがって1万円の利益を得ることができました!

 

これでもかというくらい丁寧に解説してみました(^^;

仕組みに関しては、株の取り引きと無縁の方もご理解いただけたんじゃないかと思います。

 

  目次に戻る

空売りのここに注意!!

損失が青天井!

株を買った時の最大損失は、株を買った金額分です。なぜなら株を買った時に最大損失を被る場合というのは株価が0円になった場合、すなわち買った金額分が全て無価値になった時だからです。

したがって株を買った時の損失には上限があると言えるでしょう。

 

しかし、空売りではその損失に上限がありません。空売りで損をするときというのは、株を売った時よりも株価が上がった時ですが、株価には上限がありません。

もちろん無限に株価が上がることはありませんが、株価に上限はないのです。

したがって、空売りの損失は青天井だと言えます。

(実際には、そういったことがないように損失が膨らむと強制的に決済されるようになっています。)

 

手数料に注意!!

空売りでは取引手数料が現物の取引よりも高い場合が多いです。

また、株を借りたときに支払う料金(貸株料)

貸される株が不足した時に払わなければならない費用(逆日歩)

などがあります。

基本的に現物買いの取引よりは費用がかかることを覚えておきましょう。

 

空売りできない銘柄もある

空売りをすることができるのは、貸借銘柄と呼ばれるもののみです。

全ての銘柄が空売りをすることができるわけではありません。

 

取引の期限アリ!

信用取引における保有期間は最大6カ月です。

空売りして、気づいたら6カ月もたっていた!なんてことがないように気を付けましょう。(普通に考えたら無いとは思いますが。)

 

ちなみにこの信用取引の期限というのは、株の取り引きをするうえで注目すべきポイントとなります。これについては、また別の機会に解説します。

 

  目次に戻る

両建てによって、損益無しで株主優待ゲット!!

現物株の買いと空売りを組み合わせることで、株価の推移による損益無しで株主優待を手に入れることができます。

 

これについては↓の記事で簡単に解説しています。

www.okanetarou.com

 

 

  目次に戻る

 

 

以上、空売りについての簡単な解説でした!

 

 

空売りで儲けることができるということはすなわち、株価の上昇局面だけでなく、下落局面でも儲けることができるということであります。

したがって、儲けるチャンスが2倍になると言えます。(損する可能性も2倍になりますが。)

 

空売りを上手に使いこなせる方は、そうでない方より多くのチャンスをものにして儲けていくことでしょう。

 

 

 

 

ちなみに筆者は、現物株の買いしかしていません\(^^)/

 

*投資は自己責任で_(._.)_