おカネがどんどん増えていく!?【複利効果とは】

資産運用の話の際に必ずと言っていいほど出てくる言葉である

複利効果」

 

この概念は

あのアインシュタインが人類最大の発明として認めたものです。

 

さらに、「複利効果」は資産運用だけにとどまらず様々な場面で生かせる考え方です。

 

 本記事では、この「複利効果」に関して解説していきます!

\_(*・ω・)

 

 

 

 

複利効果とは…

複利効果」という言葉…普段から聞きなれている方はそんなに多くないのではないでしょうか?

少なくとも私は社会人になって投資を始めるまで耳にしたこともなかったです。

 

 

 単利と複利

 まず単利複利について解説します。

 

単利…投資した金額に対して得られる単体の利息。

 

複利…投資した金額に対して得られる利息を再投資することで得られる利息。

 

 

 利息の額を一定とした場合、単利だとy=axの直線で描かれるような感じで一定の割合で増え続けるのですが、複利だと増えていく割合が徐々に上がっていきます!!

 

 

 当たり前と言えば当たり前の事なのですが、投資で得られたお金を単純な消費に回して使い切ってしまうのではなく、さらに投資に上乗せしたら次のリターンはもっと増えたカタチで返ってくるよねって話です(`▽´)

 

 このような効果を利用して資産を運用をすることが投資においては非常に大きな武器になると考えられています。

 

具体例:複利効果の簡単なシミュレーション例

実際に複利効果ってどんなもんなの?ってことで簡単に計算してみましょう。

 

単利の場合

仮に毎年100万円のお金を10年間、資産運用に回して年の利回りが5%だったとします。

 

 

1,000,000円 0年目  運用スタート!

↓一年後

1,050,000円 1年目

↓一年後

1,100,000円 2年目

↓一年後

1,150,000円 3年目

↓一年後

1,200,000円 4年目

↓一年後

1,250,000円 5年目

↓一年後

1,300,000円 6年目

↓一年後

1,350,000円 7年目

↓一年後

1,400,000円 8年目

↓一年後

1,450,000円 9年目

↓一年後

1,500,000円 10年目 運用おわり!

 

毎年5万円のプラスだったので結果は1,500,000円となりました!

 

 

複利の場合

次に先ほどのように100万円を利回り5%で複利で運用した場合

 

 

1,000,000円 0年目  運用スタート!

↓一年後

1,050,000円 1年目

↓一年後

1,102,500円 2年目

↓一年後

1,157,625円 3年目

↓一年後

1,215,506円 4年目

↓一年後

1,276,282円 5年目

↓一年後

1,340,096円 6年目

↓一年後

1,4071,000円 7年目

↓一年後

1,477,455円 8年目

↓一年後

1,551,328円 9年目

↓一年後

1,628,895円 10年目 運用おわり!

 

結果は…1,628,895円!!

 

~単利と複利の運用結果発表~

 

単利での運用結果は1,500,000円

 

複利での運用結果は1,628,895円

 

 

比較すると約128,895円の差がでました。

 

単利での運用は毎年5万円の利息が付くだけでした。

複利での運用においては、利息で得られた5万円に対し、5%の利息が付き、さらにそれで増えた利息にも5%の利息が付き…とドンドン雪だるま式に利息が増えていったため結果に差がつきました。

 

 

これは毎年、確実に5%のリターンがあると仮定した場合です。

 (ちなみに参考として米国債10年の利回りは1.56%です[2019/8/20現在]。)

 

気づいた方もいるかもしれませんがこの効果は、投資する金額利息の大きさ、そして運用する期間の長さによってさらに大きな効力を発揮します。

 

 

 

ちなみにこのような計算を簡単にしてくれるサイトがあるので、実際に計算してみたい方は「複利 計算」で調べてみてください。

 

複利」は、アインシュタインが認めた人類最大の発明!!

 

f:id:OKANETAROU1:20190707161744p:plain

アインシュタイン


複利効果」は、あの天才物理学者アインシュタインも認めた概念です。

相対性理論とか光の粒子と波動の二重性とかシュレディンガー方程式とかわけわからないけどなんか凄いことをいろいろ提唱している研究者が認めたということは相当すごいのでしょう。(小並感)

 

 

 

アインシュタインって難しいことをすごく簡単な理論式で表したりするイメージありますし…なんだかんだシンプルでわかりやすいことだからなんですかね?

 

それにこの複利効果はお金の運用だけじゃなくていろんな場面で生かせる考えだと思います。そういうところも評価されていると個人的には考えております。

 

 

 

時間を味方につけて、効果UP♪♪

 途中でも申し上げましたが、この複利効果は時間を掛ければかけるほどより大きな効力を発揮していきます。

 

時間をかけるということはそれだけ利息の金額が大きくなり、それに追随してどんどん元本の金額が大きくなっていくわけです。

したがって、若いうちから投資をすべきである理由として、

リスクを取れるということともう一つ、この複利効果が挙げられると筆者は考えます。

 

 

複利効果まとめ

✔ 単利よりも増加率が非常に高い

✔ アインシュタインが認めた人類最大の発明

✔ 様々な場面で生かせる考え方

✔ 時間をかけるほど効果大

 

 

 

 

以上、複利効果についての解説でした!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

*投資は自己責任で_(._.)_